あなたは毎月、病院へ通って低用量ピルをご購入になっていますか?今の時代、ネットショッピングでも低用量ピルを処方箋なしで購入することが可能なのですよ。もし今お使いの低用量ピルがネット通販サイトで扱っていれば、病院に通う手間が省けますね!

低用量ピルのすすめ

低用量ピルの副作用、血栓症が足や背中に起こる割合

低用量ピルは大変有効な避妊薬で避妊成功率は98%を超えると言われる、コンドームなどに比べてもほぼ完全な避妊法と言えます。
そうした低用量ピルは避妊だけでなくさまざまな治療にも使われており、月経周期の安定やコントロール、更年期障害の治療など幅広く女性の体に役立てられています。
そのような低用量ピルを服用するときに心配されるのが血栓症です。
血栓症とは体の血管の中に血栓ができる病気のことで足や背中、腕などに血栓ができ、体がだるくなったり重くなるなどの弊害が発生するものです。
さらに足や背中にできた血栓が、血液の流れに持って肺に到達すると肺血栓などの重篤な病気になってしまう可能性があるので注意が必要です。
ただし低用量ピルを飲むことで足や背中に血栓ができることはごくまれなことが分かっています。
ピルを服用して血栓症になるリスクが高まるのは、喫煙習慣のある方です。
喫煙は血栓を起こしやすくしますので、ピルを飲むことと相乗効果となって血栓ができてしまうリスクが高まります。
そのため喫煙習慣のある女性がピルを服用する場合には必ずあらかじめ、喫煙をしている旨を医師に伝えてピルの服用を相談したり、経過観察をしっかりと行う必要があるのです。
こうした管理さえできればピルは高い避妊効果があるだけでなく、子宮内膜症や子宮体がん、卵巣がんなど女性特有の病気のリスクも抑えることができるのが特徴です。
また辛い月経痛の軽減などにも大きな効果が有りPMSの解消にも役立てられています。
正しく服用することで生活のクオリティーを維持しながら、女性が自分の意思での避妊が出来るというところが低用量ピルの大きなメリットとなっているのです。